· 

シンバイオティクスを食生活に取り入れましょう

シンバイオティクスとは


「シンバイオティクス」という言葉をご存知ですか?

 

シンバイオティクスとはプロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせることを言います。

 

シンバイオティクスをとりいれた食生活は免疫系の正常化をはじめ、私たちの健康に大きな役割を果たしています。

 

シンバイオティクスを食生活に取り入れることを「腸活」と呼びます。つまり、

食生活におけるシンバイオティクスとは腸活を意味しています。

シンバイオティクス=腸活

表現方法が異なるだけで、は私たちにとって最近ますます身近になった「腸活」のことなのです。

プロバイオティクスやプレバイオティクスの意味は?


プロバイオティクスとは酵食品のことです。

 

プレバイオティクスとはオリゴ糖や食物のことです。

プロバイオティクス食品とプレバイオティクス食品の活用法は? 画像:「シンバイオティクスで腸内フローラを整える」(アポワンティフード&サイエンス出版部)より
プロバイオティクス食品とプレバイオティクス食品の活用法は? 画像:「シンバイオティクスで腸内フローラを整える」(アポワンティフード&サイエンス出版部)より

プロバイオティクス食品とプレバイオティクス食品


プロバイオティクス食品は酵食品のことです。納豆やヨグルト、甘酒、ぬか漬け、アップルサイダビネガ等が該します。

 

プレバイオティクス食品とはオリゴ糖や食物が豊富な食品のことです。野菜や果物、キノコ類等が該します。

 

食品は腸の善玉菌となり、オリゴ糖や食物は善玉菌のとなります。

 

つまり、シンバイオティクスとは酵食品とオリゴ糖や食物せて食生活に取り入れることで、「腸で善玉菌を育てましょう」という積極的な予防医学なのです。

 

シンバイオティクスとは治療法であり、免疫系を正常に保つ予防医学でもあります。

 

 

腸内フローラの数は?


には1000種類、100兆個、重量は1キロ以上の腸細菌が生育し、腸フロラ(細菌群)を構成しています。この中には善玉菌だけでなく、玉菌や中立的な細菌種が存在します。

 

 

これほどの多くの細菌類を腸に抱えているのですから、善玉菌の割合が少なければ、身体に影響えることは想像がつきますね。

腸活とストレス


フロは胎には構成され、出生後も生涯に渡って化します。これは良い方向にするとは限らず、食品添加物の過剰摂取、バランスのい食生活やストレスは腸環境を化させます。

シンバイオティクスが向いている方


は腸環境させる大きな原因の1つです。また、ストレスは誰もが避けることはできません。そのために、シンバイオティクスは全ての方にとっておすすめの予防医学です。

シンバイオティクス・腸活が向いている方は?
シンバイオティクス・腸活が向いている方は?

シンバイオティクスの組み合わせや効果


シンバイオティクスのや組み合わせについて、アトピ性皮膚炎をはじめ、いくつかのが明らかになっているものの、はまだまだこれからのようです。

 

もっとも重要なポイントは、プロバイオティクスとプレバイオティクスのどちらも、1つだけでなく、をとりいれた方がはアップする可能性があるということです。

 

酵食品はお一人お一人によって向き不向きがあります。そのために、色なものを試しながら体質に合う酵食品を見つけていくことが大切です。

 

 

シンバイオティクスの継続することでされます。できるだけ、ご自身の味合うもの、食生活の中で無理なくとりいれることができるものを見つけましょう。

プロバイオティクス食品の注意点


自己免疫疾患のバセドウ病や橋本病の方はプロバイオティクスの中でも「納豆」はあまり相性のよくない食品です。食べ過ぎに注意しましょう。

 

 

どのような方でも体質に合わないと感じたら無理にけることは避けましょう。

シンバイオティクスについて詳しく知る


参考文献