· 

プラントベースフードとプラントベースダイエットを管理栄養士が解説!

プラントベースフードとプラントベースダイエット


プラントベとは、野菜や果物、ナッツ類、豆類、全粒穀類、植物油などの植物性食品のことです。これらをベとした食生活をプラントベダイエットと言います。

 

プラントベダイエットでは動物性食品をほとんど食べません。ただ、絶に食べないというわけではなく、時には口にすることがあります。

 

 

なぜなら、プラントベダイエットの目的があくまで健康のためだからです。そのために、必要にじて少し柔軟に乳製品やチキンなどの動物性食品を取り入れます。これは思想や宗をベとするベジタリアンやビガンと大きく異なる点です。

 

プラントベースフードとプラントベースダイエットについて分かりやすく解説します
プラントベースフードとプラントベースダイエットについて分かりやすく解説します

プラントベースダイエットの目的


プラントベダイエット健康維持や体質改善が大きな目的です。

 

これとせ、や環境問題、動物愛護などを考慮しています。

 

現代人が抱える様々な問題や課題を包括的に配慮した食事形態といえます。

植物性食品中心の食事療法のまとめ


ところで、植物性食品中心の食事療法はどのようなものがあるのでしょうか?

 

  1. ラクトオボベジタリアン: 植物性食品に加えて乳製品や卵を食べます。チキン、肉や魚は食べません。
  2. ラクトベジタリアン: 植物性食品に加えて乳製品を食べます。卵、チキン、肉や魚は食べません。 
  3. ぺスカタリアン: 植物性食品に加えて魚介類は食べますが、チキンや肉類は食べません。
  4. ガン(ヴィガン): 完全に植物性食品のみで乳製品、チキン、魚介類、卵、ハチミツも食べません。植物思想は生活全体で実践するので、身に付けるものも、レザなどの動物性のものを避けます。

 

 

プラントベスダイエットはこれらのいずれかにに該するわけではありません。あくまでも植物性食品を中心に、健康維持や社環境、動物問題など、個別のに沿って柔軟に実践することができる食事療法です。

プラントベースダイエットのメリット・栄養効果


プラントベダイエットは健康を目的とした柔軟なダイエット法です。そのために思い立ったらいつでも始めることができます。また、植物性食品を多くとることで、次のようなメリットが期待できます。

 

  • 健康的な減量をしたい方
  • 体重を適度にやしながらメリハリのいた体型を維持
  • 肌荒れやアレルギ、副腎疲機能性低血糖症等の体質改善
  • ストレスで過食の食生活を改めたい
  • アンチエイジングや抗酸化物質の
  • 睡眠の質の改善
  • ホルモンバランスを整える

 

 

プラントベースダイエットには栄養学的なメリットやデメリットがあります
プラントベースダイエットには栄養学的なメリットやデメリットがあります

プラントベースダイエットの栄養学的デメリット


植物性食品は一度に食べ過ぎると、時には体内の栄養バランスを崩してしまう恐れがあります。例えば、鉄欠乏性貧血はその一例です。

プラントベースフード、プラントベースダイエットのまとめ


プラントベースフード、プラントベースダイエットのまとめ
プラントベースフード、プラントベースダイエットのまとめ

植物性食品(プラントベースフード)を中心とした柔軟な食事療法ですので、思い立ったらすぐに始めることができます。

 

プラントベースダイエットを健康維持に生かしていくためには、栄養バランスのことを考え、時には調理法や食べ合わせを考慮することが大切なのです。

 

 

プラントベダイエットを上手にとりいれながら、ストレスにくヘルシな体質に改善していきましょう。

アポワンティのオーガニックプラントベースフード
アポワンティのオーガニックプラントベースフード

プラントベースダイエットに興味のある方へおすすめ電子書籍


  

 

プラントベースダイエットの参考文献


  • The association of UK Dietitians. Plant-based diet: Food Fact Sheet.
  • Harvard Health Publishing. What is a plant-based diet and why should you try it?

 

(20201219)