· 

ネゴシアンからテーブルフルーツの「ブドウ」が届きました

©Apointy 富士の輝き
©Apointy 富士の輝き

ワインの味わいがブドウの品種や樹齢、テロワール、ビンテージ、作り手等で決まるように、フルーツとして食すブドウもしかり。

 

テロワールや作り手の技術によって、その味わいは七変化するのです。

 

いつもお世話になっているフルーツとしてのブドウの「ネゴシアン」から送って頂くブドウ。

 

樹齢、土地の力、品種の持ち味等を感じながら楽しむことができます。

 

こちらは富士の輝きという品種。

 

ウィンクとシャインマスカットの交配種です。

 

抗酸化作用の高い皮と果汁からかおるマスカットフレーバー。

 

皮の味わいもまた、ジューシーな果汁のアクセントに必然性をもたらしてくれています。