· 

春の疲労は山菜に注意!?

いよいよ本格的に春の到来です。暖かい日が続くと気持ちもうきうきするはずなのに、何だか春は疲れる、という方も多いでしょう。

 

春は環境の変化、気温の変化などによって、ホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れやすく、いつの間にか疲労が蓄積しています。

 

疲労を感じたら、栄養バランスのとれた食事を心がける方もいらっしゃるでしょう。とても大切なことです。栄養価の高い旬の食材をたっぷり食べようと思う方もいらっしゃるでしょう。

 

春と言えば、山菜の美味しい季節です。ところがこの「山菜」が、実は疲労回復を遅らせてしまうことがあるのです。

 

ワラビやゼンマイに多く含まれるチアミナーゼという酵素はビタミンB1を破壊します。ビタミンB1は疲労回復に重要なビタミンですので、山菜を食べすぎれば、疲労回復が遅れてしまう恐れがあるのです。さらに注意しなければいけないのは、山菜には発癌物質も含まれているということです。

 

 

チアミナーゼはしっかりと加熱することで酵素の作用はなくなります。発癌物質はしっかりと灰汁抜きをすることで減らすことができます。山菜を召し上がる際は灰汁抜きし、しっかりと加熱したものを食べましょう。そして食べ過ぎには注意しましょう。