· 

自家製お屠蘇

七賢の自家製お屠蘇 ©Apointy
七賢の自家製お屠蘇 ©Apointy

How to make Otoso ( Otoso is the sake made with medicinal herbs and spices )

 

<recipe>

  1.  Sterilize an bottle. 
  2. Put herbs and spices into bottle. 

   You can drink after 3days.

  

 

 

<Basic ingredient, mix herbs and spices> 

  • Sake 150cc (I used Shichiken, one of sake de Yamanashi prefecture. I think that based water is perfect pH, perfect taste for sake. )
  •  1 stick cinnamon
  • 1cloves
  •  A little of star anise
  • 5pieces of dry skin of mandarin
  •  3pieces of Japanese peppers ( desalinating with water and dried )

Keep it out at cool place

 

Otoso is the herbal sake for New year’s day wishing health and long life for family. Also, you can drink as aperitif, nutritional drink ( It have the effects of herbal medicines ) Today, we usually made Otoso from Mirin ( sweet sake for seasoning ) with premixed powder herbes and spices , but I applicate of fruity flavor sake.

 

お屠蘇(とそ)の作り方 

 

<基本の配合>

  • 日本酒:150cc程度
  • スパイス:シナモン1
  • 八角ほんのひとかけ(割って小さくする)
  • 陳皮:24枚程度
  • クローブ:1
  • 実山椒:3粒(塩漬けなら塩抜し、良く乾燥させる)

 

<作り方>

  1.  殺菌したビンにスパイスをいれる
  2.  美味しい日本酒を静かに注ぐ(ここでは山梨県の七賢を使用しました)

 ☆3日後から美味しく飲めます。 

 

  ※クローブや八角の香りは漬け込み時間が長くなれば香りが強くなります。フルーティーな香りがお好きな方はお好みで陳皮の量を調整してみて下さい。

 

 七賢はとても水の美味しい地域の日本酒です。水の酸度や硬度も絶妙なのでしょう。特徴を生かしてお屠蘇を作ってみました。このお屠蘇のレシピはもっとも基本形のレシピです。色々なスパイスを増やして組み合わせや配合を工夫し、ちょっとしたコツでもっと旨味を引き出すことができます。また、ベースのお酒が異なれば、その味わいを生かす比率や配合は様々にアレンジが楽しめます。